‟ココロの模様替え”をするには…?

こんにちは。

絵本と心理学でココロをサポート!
家族心理カウンセラーのすがぬまさちこです。

 

あなたの中の「ねばならない」「~べき」ことって

何かありますか?

 

例えば…

毎日の食事の準備は妻がすべきだ(しなければならない)

年上(上司)の意見には従うべきだ(従わなければならない)

家族だから嫌ってはいけない(好きでいるべきだ)

とか。

 

そういった自分の中の枠(フレーム)って

誰しも持っていると思うんですね。

 

 

 

 

それ自体はいけないことではないんですが、

時にこのフレームによって苦しむこともある。

 

またまた例えばの話ですが…

親や子どもに対して「いやだな」「こういうところ嫌いだな」

ってココロは感じていても、

『家族に対して嫌いという感情を持ってはいけない、そんなこと思っちゃいけない!』と

一生懸命頭で考えようとすると、ココロとの間に摩擦が起きてしまいます。

 

ココロと身体って繋がっているので、天秤が釣り合うように

バランスがとれていればとても健やかに穏やかに過ごせるものです。

でもどちらかのバランスが崩れると(ココロまたは身体)

人は苦しさや生きづらさを感じやすくなります。

 

だからといって、そのフレームを捨てなさい!

と言っているわけではないんですよ。

 

そのフレームはあなたが今まで生きてきた中で作られたもの。

経験とか感情とか…あらゆるものからできている。

それを無理に捨てようとすると…これはこれで苦しむことになりますからね。

(ほら、癖とか長年の習慣って急には変えられないでしょう?)

 

 

持ってていいんです。大丈夫。

ただ、ほかのフレームも持ってるといいよね♪ってこと。

 

あなたの部屋や寝室に絵を飾ったとしましょう。

同じ絵でも…

たま~にちがうフレームに変えると今までとちょっと違って見えるでしょ?

 

そういうことなんです、人のココロも。

物事を捉える視点が変わってくるんです。

違うものの見方が出来ると、今までとは違う考え方や解決方法がうまれることがあるんですね。

 

だからずっと持ってきたあなたの中のフレームは無理に捨てる必要はなし。

それも大事なあなたの一部なので。

 

これからは、時々「ココロの模様替え」ができるように

ちょっとずつフレームを増やしてけたら…いいですよね♪

 

 

 

********************

現在、個別受講受付中!

人間関係にお悩みの方、ちょっとでもストレスを減らしたい方

楽しい人付き合いをご希望の方、是非ご参加ください。

去年開催の同講座も、ほとんどの方が個別受講されていますよ♪

→イベントページをご覧ください

詳細はこちらをご覧くださいね

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です